色を知ることでビジネスやプライベートを豊かにできる!

column

突然ですがあなたは何色が好きですか?

男性であれば、青や黒、女性であれば黄色や赤、ピンクといった色が好きということが多いかと思います。

それでは、違う質問をしてみましょう。

「あなたは普段から色を意識的に使っていますか?」

おそらく多くの人は、プライベートで使う物などを自分の好きな色にしたりする程度で、色の効果を考えてビジネスやプライベートに役立てるような意識はないはずです。

しかし、色には様々な「人間に与える影響」があり、その色ごとの特徴を知ることで暮らしの幸福度を上げることができるのです。

この記事では、そんな「色が人間に与える影響」について解説していきたいと思います。

色にはそれぞれ人間に与える特徴がある

色にはそれぞれ特徴があり、社会の中で使われている色にも意味があったりします。

例えば信号機です。

「青は進め」「黄色は注意」「赤は止まれ」であるのにも、実は意味があるのです。

青(実際には緑)に関しては、止まれと注意の赤、黄色と区別がしやすい色であるがゆえに採用されました。

黄色は、青(実際には緑)と赤の中間色となっているので採用されています。

赤に関しては、多くの色の中でも目立つ色なので、一番重要な「止まれ」に採用されました。

赤系の色は波長が長いため、遠くからでも確認しやすいといったメリットもあるのです。

信号のほかにも、我々が生活している社会の中には様々な色が存在します。

そんな一つ一つの色の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・赤 注意力を喚起する、感情的興奮を促す

・オレンジ 楽観的な印象を人に与える、食欲増進、体を活動的にする

・黄色 頭の回転が速くなる、集中力が増す、明るさを与える

・緑 精神的な安定、リラックス効果、血圧を下げる

・青 爽快感を与える 鎮静作用、体温を低下させる

・黒 高級感を与える、相手への威圧、強い印象を与える

・白 純真な印象を与える、気持ちをリセットできる

このように、それぞれの色が人間に違った印象を与えるわけです。

部屋のインテリアや持ち物などを、「自分は○○色が好きだからその色ばかりで揃えよう」と考える人は多いですよね。

確かに自分の好きな色に囲まれるのも精神的に悪くはありませんが、その場所や使用用途によって色を変えるという方法も効果的なのです。

作業や勉強をする場所では「青」が集中力をUPさせてくれるのでおすすめですし、寝室では「緑」が心を落ち着かせてくれるのでおすすめなのです。

このように、現在の自分の生活の中で使用している物の色が本当に適しているかどうかを一度確認してみることは、暮らしの幸福感を上げる為に結構重要だたりするものです。

色に関わる資格や検定

色が暮らしに役立つということは、ここまでの解説でお分かりいただけたかと思いますが、そういった「色に関する資格や検定」も意外と多く存在しています。

・色彩検定

・カラーコーディネーター

・色彩技能パーソナルカラー検定

・色彩士検定

・色彩福祉検定

・ファッション色彩能力検定

・カラーデザイン検定

このように、実に様々な色に関する資格が存在し、多くの分野でその知識を持った人たちが活躍しています。

しかし、このような資格や検定に合格しなくても、ネットや本などである程度の知識を勉強すれば、その色の知識を使って現在の暮らしをより良くすることができるはずです。

まとめ

今回は、色が人間に与える影響について解説してきました。

色によって人間に与える影響に違いがあり、生活の中で使う物、いる場所などによって色を変えるだけでも暮らしを豊かにすることができるのです。

ぜひこの機会に色について学び、日々の暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか?

きっと人生を更に彩りを加えることができるはずですよ。